3月3日はひな祭り。 桃の節句ですね。

おひなさまと一緒に、なぜ桃を飾るのか? 調べてみました。

桃は、中国の国花のような花で、古代中国では三月の上巳(じょうし)の節句に川で禊(みそぎ)をしてけがれを落とし、桃の花びらを浮かべたお酒を飲んでいたとのこと。力強く咲き誇る桃の花のパワーをいただく行事だったそうです。
枝いっぱいに花をつける桃は生命力が強いと考えられ、邪気を祓い、あらゆる病気を治す霊木として尊ばれました。その思想が日本に伝わったので、室町時代頃には3月3日に桃花酒を飲む習わしが生まれたということです。

というわけで、邪気を払い、無病息災を祈る花木なんですね。

その桃、切り花で入荷しました。

 



 



大きな枝で、たくさんの花芽をつけています。

あまりに大きすぎるので、お気に入りの枝ぶりを選んでいただきましたら、切り分けてお分けできます。

桃を飾って、娘さんの健康を願いたいですね。

 

 


和がテーマのフラワーアレンジ&レッスンは名東区の花屋「凛華」
~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~
 こころに飾る花 【 凛華 】 
・電話番号: 052-770-2758 [営業時間: 10:00~18:00]
・ホームページ: http://www.rinca-2010.com/
・住所: 名古屋市名東区高間町469 宮原ビル1F
・取扱: 生花,フラワーアレンジ,苔玉(こけだま)、盆栽,各種レッスン
・LINE@: https://line.me/ti/p/%40hjx8578z
~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~