凛&かちょまる

凛、ありがとう  〜☆

みなさんのレッスンのブログ投稿が滞っております。

大変申し訳ありません。

数日前から、今月のWi-Fiの通信容量がオーバーしてしまいまして、PCがフリーズしておりまして。

みなさんの作品は、一眼レフでお取りした写真を使ってご紹介したいので、もう少しお待ちください。

Instagramでは、順次ご紹介しておりますので、チェックしてくださいね。

その前に、ご報告させていただきます。
凛華の看板犬として、営業宣伝部長として(?)頑張ってくれてた凛が、昨日29日午前2時ごろ、11年の生涯を終えました。


結婚した年の7月13日に大阪で生まれ、縁あって出会い、11月3日に我が家に来ました。

それから11年、生活を共にしてきました。

あたしは経験のない、妊娠・出産を経験して、5歳で低タンパク症を患い、その後共に暮らした息子のかちょまるに先立たれ、一昨年の冬にガンの手術をしたりと、たくさんの大変なことを乗り越えてくれました。

…が、今回ばかりはかないませんでした。
人見知りの凛でしたので、声しか聞いたことがない方の方が多いかもしれません。笑

中には、凛のことを可愛がってくださった方もいらっしゃるので、ご報告させていただきました。

お客さまが入店されると、凛が吠えて教えてくれていましたが、もうその声もありません。

奥にいて気がつかなかったら、大声で呼んでください。笑

バックヤードで寝てただけですが、大きな存在でした。

凛と出会えてよかった。

今までありがとう。

8月7日 花の日は、かちょまるの命日 ~☆

古くからのお客さまはご存知ですが、実は凛には息子がいまして、「かちょまる」といいます。

ちょっと、おかしな名前ですよね。・・・笑

凛はブラウン色ですが、かちょまるは黒色。

性格も凛とはまったく違って、触られるのが苦手だったり、ボール遊びが大好きだったり、お友だち(よそのワンコ)が大好きだったり、独占欲が強く、凛にはちょっと意地悪だったり、でも凛が大好きで、凛の顔がぐしょぐしょになるぐらいペロペロしてあげたり、とっても愛嬌のある、あたしたちにとってはと~っても可愛いかちょまるでした。

3年前、8月27日の4歳の誕生日を目前にして、病気のために亡くなりました。

8月3日に病気が発症して、8月7日の夜、病院から引き取って我が家で看取りました。

あの時のことは、今でも鮮明に覚えてます。

4歳手前という、早すぎる死が今でも悔やまれて仕方ありません。

凛の息子なんですが、わが子を亡くしたような気持ちです。

凛が一生懸命産んでくれて、それから凛と一緒に初めての子育て。

それからず~っと一緒で、お店を始めたときも、市場にも、どこに行くにも凛とかちょを連れて。

いまだに、旦那ともときどきかちょまるの面白い癖やしぐさを思い出して話します。

4年弱という短い間でしたが、た~くさんの想い出を残してくれました。

写真を部屋に飾るタイプではないのですが、かちょまるの写真だけはリビングに飾ってあります。

かちょ3DSCN1115

生後1ヶ月ぐらいのかちょ。

かちょ6DSCN1199

この並んでお座りする、後姿の写真、お気に入りの写真です。

かちょ 4IMG_1901

ね!可愛いでしょ~❤

生きてたら、今月で7歳。 7歳になったかちょまるも見てみたかったです。

 

凛は2度ほど大きな病気をしましたが、救われました。

今では、先生に「完璧!」と言われるほど回復しました。(ステロイドは服用してますが・・・。)

かちょまるのおかげかもしれません。 そう信じてます。

かちょの分も長生きしてほしいものです。

 

 

 

休日の凛 と 鳥柳?! ~☆

最近は、凛のファンも増えて、「ワンちゃんいますかぁ~?」とか、お散歩がてら、「凛ちゃんに会いに来ました~!」とご来店くださる方も増えました。

今日は定休日。

お布団から出たがらない凛。

凛 まだ。IMG_0938

そして、お気に入りのボールをとられまいとする凛。

凛ボール遊びIMG_0927

気が付くと、服がはだけて・・・。

凛のさくらふぶきIMG_0998

この桜吹雪が目に入らぬかぁ~!! ってな感じでしょうか?

なぜ、こうなった?

 

午後からおうちでお留守番だった凛。

夕方帰宅すると、「帰ってきた~♪」と大喜び・・・するのもつかの間、すぐに病院へ。

手術後から、ときどきお腹が壊れて、なかなか安定しません。

火曜日にも病院へ行って抗生物質の注射をして、お腹は治ったようですが、木曜日にも連れてくるように言われてたので連れていきました。

 

さて、話は変わりますが。

凛華の第一号の生徒さんから、LINEで面白い写真を送ってくださいました。

鳥柳?IMG_0960

鳥柳?

お正月に生けたネコヤナギがこんな風になりました!!・・・が、鳥柳?って。 うまい!!

ほんとに鳥に見えますよね? かわいいです。

 

生徒さんからLINEで、いろんな写真を送ってくださいます。

とっても楽しいです♪

ありがとうございました。

 

凛 明日仮退院 ~☆

凛華の看板犬(・・・といっても、いつもバックヤードで、お客さまへ吠えてるだけですが。)の凛。

先週の火曜日から様子がおかしく、通院しておりました。

この日は熱が39.6度と高く、小刻みに震えていました。

この震えは、胃のけいれんとかによる痛みによるものでは?とのことでした。

血液検査を何度もしましたが、先生曰く「つじつまが合わない・・・。」と。

炎症を表すCRPが、7.0と飛びぬけて高いものの、白血球があがってない。

免疫性疾患を患ってるので、そっちの症状かと思いきや、アルブミン値もさほど下がってない。

かちょまると同じDNAを持ってるので、かちょまると同じ溶血性疾患かと、血液検査をすると、血液が壊れやすくなってるという検査結果が。

でも、貧血を起こしてるわけでもない。

原因不明のため、ステロイド、抗生剤の注射をして、点滴もして、フルコースで。

注射をうつと、いつもの凛の姿に。

凛 出待ちIMG_3736

旦那がお風呂に入ると、洗面所で出待ち。

いつもの行動をすると、ほっと安心します。

 

そんな状態でも熱が下がれば食欲もあり、

凛 ご飯待ちIMG_3569

ご飯の準備をしてると、おすわりして待ちます。

最初は持病の腸の疾患だと思ってたので、缶詰ご飯をお水で練ったものをあげていました。

 

肝臓の数値が悪くなり、黄疸も少しでるようになったので、ステロイドを断ってみると、また40度の熱が。

再度血液検査やエコー検査などをしてみると・・・!!

十二指腸あたりに、なにかある!と。

これは、お腹をあけて見ないとわからないとのことで、手術に踏み切る決断を。

まずは熱を下げること。 また、ステロイドと抗生剤の注射を。

 

で、熱もさがり、先週の土曜日の夜8時以降、手術しました。

 

11時ごろ先生から電話があり、手術も無事に終わり、今麻酔からも覚めたと。

「凛ちゃんに会いに来ますか?急変する可能性がないわけではないので。」とのことでしたので、会いに行くことに。

先生が、手術中の写真を見せながら、丁寧に説明してくださいました。

腸管にまとわりついた腫瘍が2か所。

その部分に穴が開いていたが、腸管の膜によって、ふさがれてたとのこと。

それで、漏れることなくちゃんとウンチも出てました。

その部分、約12センチを切除して、腸をつなぎ合わせたとのことでした。

一通り説明を聞いて、先生の奥さまが「じゃ、凛ちゃん連れてきますね」といって、連れて来てくれました。

なんと、麻酔から覚めて1時間ぐらいしかたってないのに、もう立ってたと、奥さんがビックリされてました。

きっと、あたしたちの声が聞こえて、帰る気満々だたんでしょうね。

診察台に載せてもらって、凛に「頑張ったね~!」って撫でてあげました。

またガタガタと震えていましたが、怖いのと、術後の傷が痛むのでは?とのことでした。

 

翌日、先生にTELして凛の様子をうかがうと、「ぼくに噛みつくぐらい元気ですよ。」と。 すみませ~ん・・・。

恩を仇で返す凛です。

缶詰ご飯の出汁だけを飲ませたり、だんだんペースト状にしてあげたりしてくれてるそうですが、毎回即完食とか。

術後の経過も良好とのことで、明日、仮退院します。

 

お客さまの中にも凛のファンの方がいらっしゃって、凛のことを心配してくださってる方もいらっしゃるので、まずはご報告まで。

 

ありがとうございました。

 

 

 

 

▲TOPへ