お知らせ

フラワーレッスン 住み花 〜☆

はじめましてのTさん、H Pをご覧になられて午前中にお電話いただき、午後からお越しくださいました。

お部屋が壁もカウンターも白一色なので、色が欲しいと。

全く初めてとのことでしたので、お花選びは好みの色や雰囲気をお伺いしてご提案いたしました。

凛華と同じ、しっとり華やかな雰囲気がお好きのようです。

出来上がりにとてもご満足いただけたようでした。

また、ぜひお待ちしております。

住み花のレッスンは、入会金無料!レッスン代無料!で、お花代のみでレッスンが受けられます。

お家飾りのレッスンで、お花のある暮らしを気軽に楽しんでいただきたいという想いから始めました。

単発レッスンとなっておりますので、お気軽にお問い合わせください。

ありがとうございました。

こけ玉教室 〜☆

じゃらんの遊び体験サイトからご予約いただき、お友達おふたりでお越しくださいました。

黒松と長寿梅と若い女子の割に渋いチョイスでした。

長寿梅はここのところの暖かさで、芽吹いてきました。

この瞬間がたまりません!

こけ玉づくりにもいい季節になってきましたね。

ありがとうございました。

臨時休業のお知らせ 〜☆

本日 25日(月)は、臨時休業とさせていただきます。

ご迷惑をおかけいたしますが、よろしくお願いいたします。

ギリギリのお知らせになってしまって申し訳ありません。

写真は赤葉ふきのとう。

開いてきた!と楽しみにしておりましたが、嫁いで行きました。

お客さまに了解を得て、写真に収めておきました。

今日も名古屋は最高気温18度の予想。

植物たちもムクムクと動き出しますね。

ドライフラワーレッスン ブッタナッツのデザイン 〜☆

先日、インスタでご紹介したブッタナッツのレッスンを…と、昨年クリスマスにフラワーリースのレッスンにお越しいただいたYさんが娘さんとお越しくださいました。

Yさんは白いブッタナッツを壁掛けのデザインで、娘さんはブラウンのブッタナッツでデザインされました。

友達のようにとても仲のいい親子で、つくりながらお互いに「可愛い〜!」の連発!笑

ほんとに可愛くデザインできました。

次はドライリースに挑戦したいとのことです。お待ちしております。

ありがとうございました。

香る場所 香りの便りが届きました 〜☆

香る場所 土井先生から、香りの便りです。

今回のタイトルは「ひかり〜2019年はじまりの香り〜」

爽やかさな中にほんのり甘みを感じます。

頭の中やこころの中をすっきり整理してくれて、ポジティブな気持ちに持って行ってくれるような…私はそんな風に感じました。

凛華のカウンターにありますので、ご自由にどうぞ。

気に入った方は同じ香りをブレンドしてくださいますし、カウンセリングをしてくださって今の自分に合った、今の自分に必要な香りを作っていただくこともできます。

その土井先生とのコラボレッスン、お花と香りのヒーリングレッスンも受付中です。

詳細はこちらから。

http://www.rinca-2010.com/archives/9029

癒しのひとときをご一緒しませんか?

お気軽にお問い合わせください。

盆栽たち 〜☆

紅梅 ¥7,800

少しずつ咲き進んでおります。

優しい甘い香りを放ちながら。

木瓜 (ぼけ) ¥2,800

春に朱色の可愛いお花を咲かせてくれます。

花芽もたくさん付いてます。

一才桜 旭山 ¥2,980

一年目から花を咲かせる一才桜の旭山。

春が楽しみなひと鉢です。

斑入り 桧 (ひのき) ¥5,800

モフモフ、まん丸の斑入りヒノキ。

玄関先やお庭のアクセントに。

扇松 (おおぎまつ) ¥6,800

黒松の一種で、幹が扇を開いたような形になることから、縁起木として人気です。

寒グミ 大木 ¥9,800 小木 ¥5,800

大木の寒グミは、貫禄の太さ。

グミもたくさんなっています。

斑入り 寒グミ ¥5,800

黄色い斑入りの葉がアクセント。

グミもなっています。

盆栽教室も開催しております。

次回は2月17日(日)に開催いたします。

お気軽にお問い合わせください。

オリジナルブレンドハーブティー 〜☆

オリジナル ブランドハーブティ ¥500

レッスン後にお出ししておりますハーブティ、好評いただき「販売はしていませんか?」との声もあり、販売開始いたしました。

今回は、ストレス解消ブレンド と ほっこりあったかブレンド の2種類をご用意しました。

ほっとひと息、こころ豊かなゆったりとした時間をお過ごしください。

花のように、生きる 〜☆

花を見なさい。花が教えてくれることがあります。

桜の下で杯を上げる花見の宴もいいが、どんな花でもいい、その花の前で一人で花を見てみませんか?

そこで感じるものを心で受け止めませんか?

花々は何のために咲くのか?

人々の目を楽しませるため?

こころを癒すため?

自らを誇るため?

いいえ、花は誰かのため、何かのために咲くのではない。

誰の目にもとまらない、名前も知らない道端の小さな花も、大樹の桜も、風雪に耐えてきた古木の梅も同じようにただ精一杯咲いている。ただそれだけを。

そんなところに「花の教え」を感じる。

大切なことがその中にある。

その「教え」について「精一杯」考えてみたい。

*

*

*

誰に媚びるわけでもなく、ただ精一杯咲く。ただそれだけ。

ヒカゲカズラ 入荷しました 〜☆

ぬほっ…山盛り♪

モールのような手触り。

垂らすだけで、絵になります。

ドライリースやスワッグにあしらったり。

レッスンでも使えます。

花のように生きる 〜☆

休みの間、確か一昨年購入した本が出てきました。

一説ずつインスタでご紹介しながら、今年はちゃんと読もうと決めました!

みなさんにもお付き合いいただきながら。笑

全部で85説。

記すことで、こころに刻んでいこうと思います。

〜はじめに〜

禅の世界においては梅が尊重される。

花は「無心」の象徴であり、花が咲くとは悟りを開くことをあらわす。

厳しい修行を積み、悟りを開く、その姿を寒中に咲く梅の花と重ねた。

そして、どんなに厳しい環境に置かれようと、節操を曲げずまっすぐ修行していく姿と梅の芳しい香りに重ねた。

さらに、結果がどうであれ、自分のなさねばならないことに真っ向から向き合った経験は、必ず自分自身の中に刻み込まれる、そのことを梅の実を結ぶことに重ねた。

現代に生きる私たちは、ありあまるものと情報の中で豊かに暮らしている。

が、こころは豊かになったのか?

そもそも心の豊かさとは何か?

そんなことを花を題材に語ってみたい。

と、作者の平井正修住職の言葉。

響いた言葉を、ひとつずつご紹介していきます。

▲TOPへ